2008年10月25日

下半身のムクミに「かぼちゃと小豆のいとこ煮」

鏡を見て確実に「顔のラインが違う!」と思うのが、
マッサージと半身浴ではないでしょうか。

特に私のような「冷え」タイプのムクミは、
カラダが冷えたことにより、
水分バランスが崩れたことが大きな原因となります。
対処法としては体を温め「巡り」をうながす
マッサージや半身浴がピッタリです。

というわけで、
食事も温める食材&調理法を心がけています。
今日は今が「旬」のかぼちゃを煮てみました。


【下半身のムクミに「かぼちゃと小豆のいとこ煮」】

08102501.jpg


<POINT>
下半身のムクミは冷え≠ェ大きな原因の一つと考えられています。

かぼちゃはカラダを温める作用を持ち、
水分代謝と大きな関わりを持つ脾≠フ機能を
アップさせる力があります。

またカラダの余分な水分を排出する作用を持つ
小豆を組み合わせてみました。


じつはこの小豆。
家に残っていた小豆の甘納豆≠使いました。

使ったのは「かぼちゃ+甘納豆+酒+水」だけですが、
カンタン&甘さ控えめに仕上がりました。


でも、この料理はすべてのムクミに効果ありではないんです。
特に慢性的なムクミに悩まされている方には、
甘いもの&かぼちゃはあまりおすすめできません。

同じ水分代謝の異常でおこるムクミですが、
もともとの原因が異なっているため
薬膳の料理も変わってきます。
(ここが薬膳の面白いところであり、難しいところですね。。。)

慢性的にムクミに悩まされてる方は
以前ご紹介した『えんどう豆ごはん』がおすすめです。
http://yakuzenc.seesaa.net/article/108024986.html


posted by tome at 21:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ある意味、エコです。
Excerpt: 先日、食器棚から賞味期限切れの「小豆の甘納豆」を発見[E:sign03] あ〜ぁ
Weblog: 陽だまり のほほん 日記
Tracked: 2008-11-13 17:17
Copyright (C) 2008 tome. All Rights Reserved.