2009年11月15日

潤いを与える「豆腐と海老のあんかけ」

手のカサカサ、足のカサカサ。
秋が深まるごとに空気はいっそう乾燥し、
体の皮膚が乾燥し始めます。

秋冬はハンドクリームが欠かせない!
という人も多いかと思いますが、
食べ物で気をつけられることもあるんです。

ポイントは「潤い食材」。
今日は潤い食材を使ってこんな料理を作ってみました。


【潤いを与える「豆腐と海老のあんかけ」】

09111501.jpg

<薬膳POINT>

秋の邪気「燥邪(そうじゃ)」。
この時期に多い肌の乾燥、のどの痛み、空咳、鼻の乾燥は
乾燥邪が引き起こすプチ不調です。

乾燥した空気から身を守ってくれるのが、
体に潤いを与えてくれる豆腐とアスパラガスです。

しかし豆腐とアスパラガスは、
カラダを冷やす寒涼性の食材なので、
温熱性の生姜と海老でバランスをとりました。


お豆腐や白菜が入ったお鍋も乾燥対策にピッタリ。

ほかにも温かいお茶をこまめに飲むのも
有効な対策のひとつなんです。
中国でバスやタクシーに乗ると
大きな瓶いっぱいに入ったお茶を傍に置いて
こまめにのどを潤す運転手さんの姿が見られます。
お茶は大陸の乾燥した空気からのどを守る必須アイテムなんです。

posted by tome at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の薬膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2008 tome. All Rights Reserved.