2011年12月02日

香菜は体を冷やす?温める?

答えは、
「香菜は体を温める」です。

ベトナムやタイなど
温かい地域の料理によく使われていることから
体の余分な熱を鎮める寒涼性の食材と思われがちですが、
香菜は実は温性の食材なんです。

温性といっても、
食あたりを防ぐ作用や発汗作用があるので
東南アジア特有のジメジメとした湿気を
体内から追い出すのに適した食材といえるでしょう。

今日はそんな香菜をたっぷりのせたお粥を食べました。


【寒さを吹き飛ばす「香菜たっぷり 漬けたまごのお粥」】
111203.JPG

<薬膳POINT>

温性食材のエビでだしをとったお粥に、
香菜をたっぷりとのせてみました。
寒い1日のスタートを切るのにぴったりの朝食です。


無農薬の香菜を見かけたので、
たっぷりとちぎっていただきました。

まだ半分ほど残っているので、
明日はラムしゃぶにしようかと思っています。
あっ、腐乳を買いに行かないと。
posted by tome at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の薬膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2008 tome. All Rights Reserved.