2012年08月14日

縁起のよい印判皿

骨董市でおもしろいお皿を見つけました。

12081201.JPG

印判の豆皿ですが、
時計回りで「桃」「石榴」「仏手柑」、
中国の吉祥図案「三多図(三果)」が描かれています。

中国では
桃→多寿
石榴→子孫繁栄
仏手柑→福を招く
などの意味があることから「多福、多寿、多子」を招く
大変縁起の良い組み合わせとして絵などに使われています。

粉彩の茶器や皿は見たことがあるんですが、
印判にもこの模様があるんだぁ〜と、
記念に購入してみました。

印判は今で言うオーダーメイドで
専門の絵師が依頼主のために絵を描いていたと
以前骨董屋さんから教えていただいたことがあります。
きっと一家の繁栄を願って作られたものだったんでしょうね。
なんかいいことがありそう!

ちなみに「仏手柑(ぶっしゅかん)」は、
中医学では気の巡りをよくする生薬として使われています。
甘いよい香りがするので観賞用に利用されていたようです。
見た目の様子から仏の掌と言う意味で仏手柑と名づけられたそうで
英語名では「Buddha's hand 」といわれています。
見た目そのままなんですね。

posted by tome at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2008 tome. All Rights Reserved.