2008年10月11日

ストレスがたまっているときには 『薄荷(はっか)酒』

梅酒はまだ少し早いかなぁと思ったので、
本日は夏に作った薬酒を飲んでみました。

小さいベランダでいくつかハーブを育ててます。
ミント、タイム、ローズマリー、レモングラスなどなど。
中には強い嵐のダメージを受けて
だめになってしまい失敗したものもありますが
生命力が強いのかミントはグングンと育ってくれています。

タイやベトナム料理に使ったり
乾燥させてお茶にもできるのですが、
今回はウオッカにつけてリキュールを作ってみました。


【ストレスがたまっているときには 『薄荷酒』】


08101102.jpg


<薬膳POINT>

中医学では「薄荷」は
夏の風邪や咽のイガイガなどに使われる
生薬として使われています。

効能としては、
体にたまった余分な熱を取り去り
咽や頭などの痛みを抑えてくれます。

お酒としてはストレスの解消、
熱による痛みなどに効果があります。


ベランダで育ったミントを漬けたので
300mlしか作れませんでした。

今の時期は乾燥対策として
牛乳で割って飲んでいますが、
温かいのに体がスゥッ〜〜とします。
不思議なお酒です。

寒い時期よりも、
夏に効果を発揮しそうですね。


以前ご紹介した「薄荷緑茶」はこちらです
http://yakuzenc.seesaa.net/article/51229604.html
posted by tome at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright (C) 2008 tome. All Rights Reserved.