2013年10月31日

ご無沙汰しております

ずいぶんと久しぶりのブログ更新です。
メッセージを送ってくださった方もいらっしゃったのに
お返事ができなくて本当にすいませんでした。

実は5月に男の子を出産しました。
よく泣き、よく飲み、よく寝て、よく泣き、
スクスクと成長してくれています。

妊娠・出産を通して
本でしか知らなかったさまざまなことが体験でき、
新たなる発見の毎日です。

とくに産後の血(けつ)の不足!
目が疲れやすい、ふらふらする、ココロの不安…
補血!補血!の毎日でした。
高齢出産おそるべしです。

産後に引越しもしたのでバタバタしてしまいましたが、
子供との新しい生活にも慣れ始め、
お仕事も徐々にですが再開させていただいています。

ブログのほうも徐々にですがはじめられたらと思っていますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

早乙女孝子(そうとめたかこ)

posted by tome at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

12月になりました。

前回のブログ更新から3ヶ月…
みなさまご無沙汰しております。

季節は秋を通り過ぎ、寒さ厳しい冬となりましたが、
私は相変わらずの毎日を過ごしています。

今後は更新頻度が少なくなってしまいそうですが、
このブログは私自身が食べているごはんの記録なので、
飾らずに、のんびりと続けさせていただきたいと思います。


最近よく食べているのがお粥です。

121216.JPG

この日のお粥は鶏肉を入れて、
冷蔵庫にあった残り物をおかずにしました。
おかずがあるのでお粥の塩分は押さえ目に。

この時期は何かと外食が多くなるので、
お腹に優しいお粥の登場も増えます。

胃がもたれるなぁという方はじゃがいものお粥 もおすすめです。
ぜひ!


posted by tome at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

湿邪を追い出せ!『香菜ときゅうりのあえもの』

昨日ご紹介したとうもろこしのカレー炊き込みご飯プレート
の上(後ろ?)にあるのが、香菜ときゅうりのあえものです。

中国の家庭料理なんですが、
簡単なわりにとってもおいしいのでおすすめです。


【湿邪を追い出せ!『きゅうりと香菜のあえもの』】

120901.JPG

きゅうりには利尿作用があると薬膳では考えられています。
ただし食べ過ぎると体を冷やして
体内の巡りを滞らせる原因になるので、
温める作用を持つ香菜を組み合わせています。


作り方はカンタン。
1)きゅうりを麺棒などで叩いてから、食べやすい大きさに切る。
  香菜とにんにくは粗めのみじん切りにする。
2)1をボウルに入れ、ごま油、しょうゆ、トウバンジャンを加え、全体を和える。
コレだけです。
中国語では「香菜拌黄瓜」といい、
本当に拌=混ぜただけのカンタン料理です。

あっ、写真はにんにくの代わりに生姜を使いました。
出かける用がなければにんにくにしたんですが・・・

ポイントはごま油。
香りの良いものを使ってくださいね。
風味がぜんぜん違ってきます。
中国では絞りたてのごま油が手に入る市場があって
一度購入してからその香ばしい風味にすっかりはまってしまいました。

posted by tome at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の薬膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright (C) 2008 tome. All Rights Reserved.